予防接種内容

予防接種とは、ワクチン接種により事前に免疫をつけることで、特定の病気にかかりにくくする方法です。万が一病気にかかった場合でも、重症化を防ぐ効果があると言われています。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスは、毎年異なる種類が流行するため、毎年接種する必要があります。また、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その後、約5ヶ月間持続するため、流行前の10月下旬~12月頃までに接種することをお勧めします。

肺炎球菌(成人用)

65歳以上の方や慢性的な持病をお持ちの方などは、肺炎球菌ワクチンの予防接種をお勧めします。 肺炎球菌ワクチンの接種はいつでも可能ですが、5年以上の間隔をあけて接種する必要があるため、過去に接種したことがある方は、必ず接種歴を確認した上で接種してください。
また、肺炎球菌とインフルエンザの予防接種を併せて行うと予防効果が高まりますので、共に接種することをお勧めします。

子宮頸がんワクチン(サーバリックス・ガーダシル)

子宮頸がんワクチンは、サーバリックスとガーダシルのどちらかを接種することができます。
サーバリックスは、「9歳以上/女性のみ」で初回接種から1ヶ月後、6ヶ月後の計3回腕の筋肉に接種します。ガーダシルは、「10歳以上、女性のみ」で初回接種から2ヶ月後、6ヶ月後の計3回腕の筋肉に接種することができ、どちらのワクチンも公費で接種することができます。

※途中から他方のワクチンに変更することはできません。

風疹ワクチン

風疹の感染を予防するワクチンです。男女を問わず未接種・未罹患の場合、ワクチン接種の検討をお勧めします。
特に、女性の方は、妊娠初期に風疹にかかると、胎児に感染してしまう可能性があります。
重症化すると、胎児に心臓奇形や聴力障害、白内障、発達障害などの先天性異常が起こることがあり、母体が風疹により胎児奇形が生じる割合は、約4割と言われています。特に昭和54年4月~昭和62年9月生まれの方は、予防接種率が低く、免疫の無い女性が多いので注意が必要です。

風疹に対する免疫の有無は、簡単な血液検査をすればわかります。免疫が無いと判断された場合は、妊娠していないことを確認し、予防接種を行ってください。風疹ワクチンは、生ワクチンのため軽い症状が起こる場合がありますので、接種後約2ヶ月間の避妊が必要です。免疫のない男性も、家庭内に持ち込まないように接種をおすすめします。

A型肝炎

A型肝炎は、A型肝炎ウイルス(HAV)によって引き起こされるウイルス感染症です。主に衛生環境が悪い国で感染するため、感染の可能性がある地域へ出張や旅行をする方は受けることが勧められている予防接種です。なお、A型肝炎ウイルスは食事などで経口感染しますが加熱に弱いため、野菜や貝などを生で食べないよう心掛ける必要があります。A型肝炎の潜伏期間はおよそ15~50日(平均30日)で、感染すると倦怠感や黄疸、発熱、不快感、食欲不振、強い腹痛や下痢を伴います。

B型肝炎

B型肝炎ウイルスに感染すると、慢性肝炎・肝硬変・肝細胞がんなどを発症する可能性があります。感染経路は主に血液あるいは血液成分との直接接触で、唾液や体液(汗や涙)などからも感染します。 通常2-3回の接種で抗体ができます。

※当院では、予防接種は予約制ですので料金など、詳しくはお問い合わせください。

医院概要

新橋の内科・泌尿器科新橋日比谷通りクリニック

住所
〒105-0004
東京都港区新橋2-12-16 明和ビル3F
最寄駅
JR「新橋駅」日比谷口より徒歩4分
銀座線「新橋駅」出口8より徒歩4分
三田線「内幸町駅」出口A1より徒歩1分
銀座線「虎ノ門駅」出口1より徒歩7分
電話
03-3595-4976(ヨクナロー)
診療時間
日祝
10:00~14:00 -
16:00~20:00 -

休診日:日曜・祝日
※最終受付は、診療時間終了の15分前となります。

ACCESSMAP

アクセスマップ