生活習慣病について

生活習慣病について

生活習慣病とは、不規則な食生活や飲酒・喫煙の習慣、運動不足、ストレスなどの生活習慣が原因によって引き起こされる病気の総称です。
以下に主な生活習慣病についてご説明します。

職場の健康診断で「血圧が高い」「血糖値が高い」などと指摘されましたら、まずはお気軽に当クリニックにご相談ください。

高血圧

高血圧とは、診察室で測定する血圧が140/90mmHg以上、あるいは家庭で測定する血圧が135/85mmHg以上となる状態のことを指します。

高血圧が続くと、血管壁が高い圧に耐えるため、厚く硬くなる状態(動脈硬化)を引き起こします。
高血圧が進行すると、この現象が全身の大切な臓器で起こることで、様々な合併症を引き起こします。

高血圧が脳にもたらす影響

脳の動脈の圧力が増すと、小さな血管は圧に耐え切れず破裂し、脳内に出血を起こします(脳出血)。
また、血管内腔が狭くなったところで血栓ができると、血液が流れなくなり、脳梗塞を引き起こします。
これらの疾患は、重篤な後遺症や障害を残したり、ときに命に関わることがあります。

高血圧が心臓にもたらす影響

心臓の動脈で動脈硬化が起こると心臓を動かすための血流が不足し、胸の痛みや圧迫感を感じる狭心症が起こります。
また、心臓の動脈の枝が血栓でつまってしまうと、その部分の心筋が壊死(組織が破壊されて機能しなくなること)し、極めて激しい痛みが長時間続く心筋梗塞が起こります。
心筋梗塞は、胸の痛みだけでなく、肩や首の痛みとして自覚される方も多いです。

高血圧が腎臓にもたらす影響

腎臓は、たくさんの動脈が集まった組織で、血液をろ過することで尿を生成しています。
腎臓の血管で動脈硬化が進むと、尿が正常に生成されなくなる腎不全を起こします。
尿が正常に生成されなくなることで、体内に老廃物が溜まり、人工透析をしなければならなくなります。

早期発見、早期治療を行い、良好な血圧コントロールを得ることにより、合併症の発現は防ぐことが可能です。
健診で高血圧を指摘された際は、早めに当院へお越しください。

糖尿病

糖尿病

糖尿病をご説明する前に、血糖(血液中のブドウ糖)とインスリンの関係について、簡単にご説明します。

インスリンとは、膵臓で生成されるホルモンで、血液中のブドウ糖を全身の臓器に取り込ませる仲介者の役割を担っています。
血糖が適切に全身で使われることで、血糖値は正常に保たれています。

このインスリンの量が不足したり、生成されても正常に働かなくなったりすることで、血糖値が正常に保てなくなってしまう状態を糖尿病と言います。

糖尿病の診断基準

①早朝空腹時血糖値が126mg/dL以上、あるいは75gOGTTの2時間値が200mg/dL以上、あるいは随時血糖値が200mg/dL以上
②HbA1c値が6.5%以上

上記の両方を満たした場合、糖尿病と診断されます。
また、①か②のいずれかに当てはまる場合、『糖尿病型』と診断され、再検査で同様の結果の場合、糖尿病と診断されます。

インスリンを作る膵臓の細胞が壊れてしまうことで、インスリンが全く作られないか、ごくわずかしか作られなくなってしまうタイプを1型糖尿病、主に生活習慣が原因でインスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなってしまったりするタイプを2型糖尿病と呼びます。

血糖値が高いままの状態が続いてしまうと、血管壁がもろくなり、全身に適切な栄養の供給が途絶えることで、様々な合併症が起こってきます。

細小血管障害(細い血管が集中している臓器に起こる合併症)の代表的なものは、腎症と網膜症と神経障害であり、これらの障害は生活の質(QOL:Quolity of Life、生活の質)を著しく低下させます。
また大血管障害には脳梗塞、狭心症、心筋梗塞があり、これらは命に関わることがしばしばあります。

合併症を引き起こさないためにも、きちんと通院し、良好な血糖コントロールを得ることが大切です。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が一定の基準より高い、またはHDL(善玉コレステロール)が一定の基準より少ない状態のことを言います。

血液中に余分な脂質が多くなると、血液はどろどろの状態になり、動脈硬化や血栓症の危険が高まります。
やがては心筋梗塞や脳血管障害を引き起こす原因にもなります。

脂質異常症の治療は、動脈硬化を進行させないようにすることが目的です。
まずは生活習慣の改善を行い、動脈硬化による合併症のリスクが高い場合は、薬物治療を行います。

定期的に血中の脂質系の値や、動脈硬化の進行度のチェックを行い、治療方針を立てることが肝要です。

医院概要

新橋の内科・泌尿器科新橋日比谷通りクリニック

住所
〒105-0004
東京都港区新橋2-12-16 明和ビル3F
最寄駅
JR「新橋駅」日比谷口より徒歩4分
銀座線「新橋駅」出口8より徒歩4分
三田線「内幸町駅」出口A1より徒歩1分
銀座線「虎ノ門駅」出口1より徒歩7分
電話
03-3595-4976 (ヨクナロー)
※当院は予約制ではございません
診療時間
日祝
10:00~14:00 -
16:00~20:00 -

休診日:日曜・祝日
※最終受付は、診療時間終了の15分前となります。

上部に戻る