漢方治療について

西洋薬が、病態の明確なメカニズムにどのように作用するのか明らかであるのに対して、漢方薬は、患者さんの体格や症状に応じて使用され、病名にはあまりこだわりません。

西洋薬は、普通単一の化学物質ですが、漢方はエキス剤として様々な生薬がブレンドされており、その微妙なバランスによって効果が変化します。

細菌感染症では抗生剤を使用するケースが多いのですが、ウイルス感染などでは漢方薬の方が副作用も少なく効果にも差がない場合があります。

また、西洋医学的治療で症状がとれない時に漢方に切り替えるあるいは、漢方を追加すると症状が改善こともあり、以前は漢方を信用しなかったドクターも多かったのですが、今では、ほとんどのドクターが程度の差あれ使用していると思われます。

漢方医学と西洋医学はお互い補完しあうという考え方が広まってきています。(1千年以上の歴史のある漢方が主流という考えもあります。)

当院でも内科的には、風邪やインフルエンザ、不眠、精神不安、浮腫など泌尿器科では、前立腺疾患や膀胱炎、更年期障害等で積極的に使用しております。

医院概要

新橋の内科・泌尿器科新橋日比谷通りクリニック

住所
〒105-0004
東京都港区新橋2-12-16 明和ビル3F
最寄駅
JR「新橋駅」日比谷口より徒歩4分
銀座線「新橋駅」出口8より徒歩4分
三田線「内幸町駅」出口A1より徒歩1分
銀座線「虎ノ門駅」出口1より徒歩7分
電話
03-3595-4976(ヨクナロー)
診療時間
日祝
10:00~14:00 -
16:00~20:00 -

休診日:日曜・祝日
※最終受付は、診療時間終了の15分前となります。

ACCESSMAP

アクセスマップ