性病について

性病

性感染症(STI)は、性的接触(性交やオーラルセックスなど)によって感染する病気です。

症状がごく軽いまたは、まったくないことも多く注意が必要です。
気になるできごとがあったら、悩んでも仕方がありません。
早めの受診が肝心です。

クラミジア感染症(潜伏期間1~3週間)

男性

尿道炎の原因となり、尿道にムズムズしたかゆみや不快感、排尿時の痛み、比較的さらさらした感じの膿が出ますが、無症状のことも多く感染時期がはっきりしないケースがあります。
クラミジア性尿道炎がこじれると精巣上体炎起こし、睾丸あたりに痛みとしこりを感じます。

女性

子宮頚管炎を発症し、おりものの増量感や炎症が進むと下腹部痛を生じます。
男性よりも無症状の人が多く、感染しても半数以上の女性はまったく気づいておりません。
子宮・卵管に炎症が及ぶと、不妊の原因となることもありますので、思い当たるふしがあれば早めの受診をお勧めします。

男女とも

性器クラミジアの患者さんの10-20%は咽頭からもクラミジアが検出され、多くは無症状です。
咽頭クラミジアは性器に比べ一般に治療に時間がかかります。

淋菌感染症(潜伏期間1週間以内)

男性

尿道炎症状はクラミジアより強く、排尿痛、尿道分泌物は多量で黄白色です。
クラミジア同様、精巣上体炎を起こすと発熱や痛み腫れが目立ちます。
最近は、抗生剤耐性菌が増えており、治療が長引くケースが増えています。

女性

おりものの増量感や不正出血が一般的ですが、無症状例も多く男性の感染源になってしまいます。
やはり男女とも咽頭感染が増えています。

梅毒

性行為やまたは類似行為により感染する慢性のトレポネーマの感染症です。
ホモセクシャルの方やHIVに合併することが多いと報告されています。

第1期

第1期 約3週間で感染部位である性器や口唇に硬結(初期硬結)が生じる。
これは中心がただれ潰瘍を作る(硬性下疳)。
その後遅れて足の付け根のリンパ腺が腫れます。
これらの症状は放置しても2-3週間で消失し症状がなくなります。

第2期

約3ヶ月たつと、トレポネーマは全身に広がり体のあちこちに発疹がでます。
バラ疹と呼ばれ体幹、手足、顔などに目立ちます。これも数週間で消えます。
他の皮疹は3年に渡り再発を繰り返しながら経過します。

第3期

3年以上で皮下のしこりや硬結(ゴム腫)を生じることがあります。

第4期

血管炎や神経が侵されます。

※現在、第3期以降は現在の日本では、みられることはほとんどありません。

梅毒は近年急激に増えており、2期までの患者さんはしばしば見かけます。
症状と経過から診察だけでおおよそ見当がつき、血液検査によって診断は確定します。
ペニシリン系の抗生剤で治療し通常2ヶ月程度で完治します。早期治療が重要です。

HIV感染症

血液や体液によって感染し男性同性間の性的接触が主な感染経路ですが、異性間接触で感染します。(女性から男性よりも男性から女性の方が感染しやすい)

感染初期に風邪のような症状があり数週間で消失、以後治療しないと無症状で約5-10年で経過し免疫不全状態(AIDS)になると推定されているが個人差が大きい。
近年、治療薬の進歩により不治の病ではなくなりつつあります。

性器ヘルペス(潜伏期2-10日間)

男性

亀頭や陰茎にかゆみや痛みをともなった1-2mmの水泡が出現し3-5日に破れ、1週間で症状のピークをむかえる。

女性

陰部に水泡・潰瘍の病変が生じ、男性より重症化しやすく、痛みが強く発熱などの全身状態が悪化した場合は、入院点滴治療を行うことがある。

※治療は抗ウイルス剤の内服で軟膏ではウイルスを抑えることはできません。
再発しやすく、再発抑制療法に対しても、保険診療が認められています。

尖圭コンジローマ

性器周辺にできるイボは、生理的なものもありますが、最近、性感染症として尖圭コンジローマが増加しています。ヒト乳頭腫ウイルスによって男女とも性器、肛門周囲の皮膚にイボを作り典型的なものは鶏冠状、カリフラワー状となります。
潜伏期は3週間から8ヶ月(平均3ヶ月)のため感染源の特定が難しいこともあります。
悪性型は、陰茎ガンや子宮頸ガンの原因となるため注意が必要です。

治療法はベセルナクリームの塗布を中心に、経過によっては液体窒素による凍結や電気メス凝固切除を考慮します。ウイルスが皮膚に残ると3ヶ月以内に25%が再発するというデータもあり早期の治療が大切です。気になるイボを見つけたら早目の受診をお勧めします。

肝炎

A型、B型、C型肝炎

頻度は低いが、時に性行為によって感染することが、証明されており学会のガイドラインにも掲載されています。急性肝炎を発症した場合原因となり得ます。

※当院では、男女とも自覚症状のない患者さんのために、1回の御来院ですべての性感染症をチェックできるセット検査(STIチェック)をご用意しております。

※結婚を控えている方、最近パートナーが変わった方はぜひおすすめします。

陰部のできもの 腫れ・ただれ

男女ともに、性器ヘルペス・尖形コンジローマ・梅毒などの性感染症が多いのですが、単純なイボもあり気になる時は、液体窒素で焼いたりや電気メスで切除します。

亀頭包皮炎

細菌や真菌が亀頭や包皮に感染することにより起こります。細菌が入ると赤く腫れて、痛みます。真菌が原因の場合赤くなり、白いかすがたまり、かゆみがみられることがあります。
亀頭部の皮膚が敏感なため必要以上に清潔を気にして、こすり過ぎるとかえって症状を悪化させるため注意が必要です。

治療は、細菌性では抗生剤の内服やステロイド軟膏、真菌性では抗真菌剤のクリームを塗布します。こじれてしまうと結構治るのに時間がかかり患者さんを悩ませます。

急性精巣上体炎

精巣周囲の精巣上体の細菌感染が原因で痛みが強く腫れあがります。性感染症よるものもあります。
捻転と区別がつきにくい場合は、捻転の可能性を考え手術となります。発症の様子と血流ドップラー超音波検査で精巣への血のめぐりを見ることでかなりの確率で鑑別できます。

当院の 超音波検査器は、IMT自動チェック機能付きで苦痛なく短時間で検査できます。

おりものが多い かゆみがある

性器カンジダ症

膣炎や外陰炎を起こし抗生剤内服や体の抵抗力が落ちた時に発症しやすく、かゆみや、熱い感じおりものの増量感があります。(ヨーグルト状で白色)
膣錠や膣座剤、軟膏やクリーム、膣洗浄による治療を行います。
再発しやすい傾向があります。

膣トリコモナス症

20-50%の女性は症状がなく、泡状の悪臭の強いおりものが増えてきます。
フラジールの10日間内服で完治します。
パートナーとの間でピンポン感染を起こすことがありますが、男性は症状がないことが多いです。

医院概要

新橋の内科・泌尿器科新橋日比谷通りクリニック

住所
〒105-0004
東京都港区新橋2-12-16 明和ビル3F
最寄駅
JR「新橋駅」日比谷口より徒歩4分
銀座線「新橋駅」出口8より徒歩4分
三田線「内幸町駅」出口A1より徒歩1分
銀座線「虎ノ門駅」出口1より徒歩7分
電話
03-3595-4976(ヨクナロー)
診療時間
日祝
10:00~14:00 -
16:00~20:00 -

休診日:日曜・祝日
※最終受付は、診療時間終了の15分前となります。

ACCESSMAP

アクセスマップ