ED(勃起不全)とは?

性機能障害の一部であり、性交の途中であるが、性交渉の完了まで充分な勃起を維持できない状態。膣内射精障害も、性機能障害もしくは男性不妊症の一種と考えられます。

原因

心因性ED

身体的には異常はないが、何らかの心理的要因で満足な勃起が得られない状態 。
ED全体の約8割を占め、うつ病との合併が多く、逆にうつからEDも発症します。

器質性ED

血管性ないし神経性が多く、糖尿病や骨盤内手術(直腸、前立腺、膀胱など)の後遺症によるケースがしばしばみられます。

薬剤性ED

降圧剤、向精神薬、睡眠薬、ホルモン剤など様々な薬の副作用が原因となります。

治療

LOH症候群(男性更年期障害)に伴うED

LOH症候群(男性更年期障害)に伴うEDでは、心身医学的なアプローチも必要なため、信頼できる専門医による的確な問診と診断が必要です。
ストレスを排除しリラックスした心理状態を維持することも大切です。

心理療法(ノンエレクト法)

勃起にこだわる心理状態から心を開放し、逆説的に勃起を促す方法ですが、パートナーの協力が必須です。治療成功率84% (治療Vol84 No11 11 2002)

薬物療法

ED治療薬(PED5阻害剤)による薬物療法が中心となります。
また漢方薬としては、八味地黄丸、補中益気湯、桂枝加竜骨牡蠣湯、柴胡加竜骨牡蠣湯などが有効とされています。

  バイアグラ レビトラ シアリス
内服のタイミング

性行為の約1時間前

空腹時は30分前

性行為の30分前

早い方は10分前でも可能
性行為の1時間から1日半前
効果持続時間 3~5時間 5~10時間 約36時間
食事の影響 普通食でも効果低下 高脂肪食で効果低下 食事による影響はなし
性的刺激 陰茎刺激が必要 陰茎刺激が必要 陰茎刺激が必要
お酒の影響 適量であれば、リラックス効果が得られ、問題ありません。 適量であれば、リラックス効果が得られ、問題ありません。 適量であれば、リラックス効果が得られ、問題ありません。
薬の効果 50mgで強 20mgで強 中等度
副作用 ほてり、頭痛、視覚障害 ほてり、鼻炎、頭痛、動悸 ほてり、頭痛

いずれの薬剤もPED5の活性を阻害することで、血管平滑筋を弛緩させ、勃起状態を維持します。
それぞれの薬剤は特徴が異なり患者様のニーズに合わせて性交渉のタイミング、持続時間、食事の影響を考慮し、選択します。
いずれの薬剤も硝酸剤との併用は禁忌です。

副作用としてほてり、頭痛、鼻炎などが見られることがありますが、頻度は稀です。
亜硝酸剤内服中の方、また最近3~6ケ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を起こした方は内服できません。
PED5阻害薬は陰茎海綿体だけではなく、肺動脈平滑筋にも多く分布しており、同じメカニズムで肺動脈を拡張し、肺血管抵抗を減少させるため、難病である肺動脈性肺高血圧症にも有効です。
バイアグラはレバチオ、シアリスはアドシルカという商品名で治療薬として、臨床応用されています。

EDに関するQ&A

Q 何事にも気力がなく、倦怠感があり、そもそも性欲がわきません。どうしたらいいですか?
A 男性更年期の疑いがあります。男性ホルモン値を測定し、低下があれば、性腺の問題ですので、男性ホルモン補充療法も検討されます。低下していなければ、東洋医学的には気虚もしくは血気虚の状態です。漢方では補中益気湯などが有効です。
Q 健康診断の心電図検査で期外収縮が発見されました。ED治療薬は飲めませんか?
A まずは、循環器科で期外収縮の検査をおすすめします。診断の結果、治療の必要のないものでしたら、特に問題はありません。
Q 3年前に心筋梗塞で冠動脈ステントをいれています。その後勃起しなくなりました。ED治療薬を内服してもよいのですか?
A 発症後6か月以上経過しているので、亜硝酸剤の内服もなく運動制限がなければ、問題ありません。また、降圧剤や利尿剤の内服があれば薬剤性のEDの可能性も考えられます。
抗血小板剤(バイアスピリンなど)、抗凝固剤(ワーファリンなど)との併用は可能です。
Q 除脈性不整脈のためペースメーカーが入っていますが、今は安定した状態です。ED治療薬は内服できますか?
A ED治療薬の内服禁忌項目にペースメーカー、ICD(植え込み型除細動器)はありません。
心臓の機能が安定しており、主治医から運動制限がなければ、内服可能です。
Q 最近、知人からED治療薬が前立腺肥大症に効果があると聞きました。本当ですか?
A 本当です。シアリスが商品名はザルティアとなり保険適応になりました。肺高血圧症と同様の作用により、前立腺部尿道平滑筋の緊張をとり排尿障害を改善します。剤型は2.5mgと5mg錠の2種類となり、シアリスとは規格が異なります。頻尿や残尿感などの下部尿路症状がEDの原因になっていることもあり、一石二鳥の効果が期待できます。
海外ではすでにザルティアの定期内服は承認されており、血管内皮細胞の保護作用により動脈硬化の進展を抑制するデータが集まりつつあります。
Q ED治療薬を試してみましたが、効果がありませんでした。ほかに治療法はありませんか?
A まず、血管性EDの診断のために血管拡張剤(プロスタンディン)の反応を見ます。勃起が可能でしたら、陰茎海綿体に自己注射する方法もありますが、日本ではまだ、認可申請中です。ほかに、VCD(陰圧式勃起補助具)があります。この方法は陰茎を筒状のシリンダーに入れポンプで陰圧をかけることにより、勃起を誘発させペニス根部をリング状のバンド締めて維持します。薬剤無効例でも確実性が高い方法です。厚労省より2002年に医療機器として承認されています。
Q インターネット通販でED治療薬を購入しました。大丈夫でしょうか?
A インターネット販売での薬剤は偽造品が多く、ひどいものでは薬が含有されていないか少量のみのケースもあり、外見上は本物とまったく区別がつきません。日本の調査では約半数が偽造品でした。また衛生状態の悪い工場で製造されていることもあります。医療機関を受診してください。

ED治療は、単に薬物治療で解決しない場合も多く、心血管系の合併症を抱え持病の循環器薬との組み合わせによっては、命にかかわる場合もあります。
自己判断での内服は危険です。逆に、治療に支障がないにもかかわらず、年だから仕方がないとあきらめている患者さんもおられます。治療には、メンタルな要因もあることが多く、個々の患者さんのニーズに合わせたキメの細かい対応が必要となります。

豊かな人生を送られるよう経験豊富な専門医による診断と治療をおすすめします。

※各ED治療薬の料金は「自費診療について」をクリックしてください。

医院概要

新橋の内科・泌尿器科新橋日比谷通りクリニック

住所
〒105-0004
東京都港区新橋2-12-16 明和ビル3F
最寄駅
JR「新橋駅」日比谷口より徒歩4分
銀座線「新橋駅」出口8より徒歩4分
三田線「内幸町駅」出口A1より徒歩1分
銀座線「虎ノ門駅」出口1より徒歩7分
電話
03-3595-4976(ヨクナロー)
診療時間
日祝
10:00~14:00 -
16:00~20:00 -

休診日:日曜・祝日
※最終受付は、診療時間終了の15分前となります。

ACCESSMAP

アクセスマップ