点滴・注射療法について

点滴・注射療法について

当院では、にんにく注射やビタミン注射などの各種栄養注射に加え、プラセンタ注射、白玉(グルタチオン)注射などの美肌注射を取り扱っています。栄養注射は疲労回復に効果があり、美肌注射は肌荒れやシミ、しわ、くすみの改善に効果的といわれています。

点滴・注射療法

にんにく注射/ビタミン点滴

にんにく注射/ビタミン注射は、疲労回復に重要なビタミンB1をはじめ、豊富なビタミンを含む栄養注射です。疲労感の原因となる乳酸を分解する作用を持ち、慢性疲労や頑固な肩こりにも有効です。血行をよくし、新陳代謝を高める働きもあるので、血行不良による冷え性にも効果的です。ビタミン注射はにんにく注射にさらにビタミンCやビオチンを追加しており肌荒れなど皮膚の状態を改善する効果もあります。

なお、効果については1回のみでも実感することはできますが、継続的な効果を望む場合は週1回など定期的に受けることをお勧めします。また、主成分がビタミンなので副作用の心配はありませんが、注射の場合は部位にチクッとした痛みや発赤がみられることもあります。

プラセンタ注射

プラセンタ注射では、胎盤の有効成分を抽出した、プラセンタエキスの注射を行います。プラセンタエキスには、三大栄養素や必須アミノ酸、ビタミン類など、細胞を活性化し、新陳代謝を促す物質が含まれています。

プラセンタ注射で期待できる効果

  • 美肌効果(肌荒れ、しわ、にきびの改善)・美白効果(シミ、くすみの改善)
  • アトピー性皮膚炎や喘息などの、アレルギー疾患の改善
  • 更年期症状の改善
  • 冷え性や便秘の改善

そのほか、肝機能障害や生活習慣病の改善も期待できます。

上記効果の持続期間につきましては、2~3日ほどなので、継続的な効果を期待するのなら、最初のうちは週2回ほどの頻度で注射を受けられることをお勧めします。

なお注射による副反応として、かゆみ・発疹・悪寒がまれに現れる程度ですが、何らかのアレルギーがあるという方は、事前にご相談ください。

プラセンタ治療は45歳から59歳までの更年期症状がある女性は、1回につき1アンプル月15回まで保険が効きます。

白玉(グルタチオン)注射

グルタチオンは、アミノ酸の一種で抗酸化作用によって細胞を保護する働きがあるので、肝機能を改善し、シミの原因となるメラニンの生成をブロックします。
ビタミンCやトランサミンもバランス良く配合されています。週1-2回から開始して継続することで美白効果が出てきます。 プラセンタと組合わせてもよいでしょう。

高濃度白玉(グルタチオン)注射

白玉注射の倍量のグルタチオンが入っています。

ダイエット注射

L-カルニチンとα-リポ酸の脂肪の燃焼を促進し、新陳代謝を活発にします。
適度な有酸素運動も同時に行うとより一層効果的です。

※点滴・注射療法の料金は、「自費診療について」をご覧ください。

医院概要

新橋の内科・泌尿器科新橋日比谷通りクリニック

住所
〒105-0004
東京都港区新橋2-12-16 明和ビル3F
最寄駅
JR「新橋駅」日比谷口より徒歩4分
銀座線「新橋駅」出口8より徒歩4分
三田線「内幸町駅」出口A1より徒歩1分
銀座線「虎ノ門駅」出口1より徒歩7分
電話
03-3595-4976 (ヨクナロー)
※当院は予約制ではございません
診療時間
日祝
10:00~14:00 -
16:00~20:00 -

休診日:日曜・祝日
※最終受付は、診療時間終了の15分前となります。

上部に戻る